豊胸手術の理想と限度

豊胸手術でどこまで出来る?

豊胸手術の限界を知る

日本人女性のバストは年々大きくなっているとはいえ、世界のバスト平均値を参考にすると、なんと日本人はAカップということです。逆にバストが大きいのは北欧やロシア地域の女性だそうです。

民族性や地域、食習慣の違いにバストサイズはかなり左右されるとはいえ、日本人女性のAカップにはちょっと衝撃を感じる人もいるのではないでしょうか?民族性が関わるならバストサイズをアップするのは無理?と思う人もいるかもしれません。

しかし現代の美容技術は大変進歩しているので、バストサイズに不満があって豊胸手術をする人は結構おられます。今回はそんな豊胸手術に関して知りたいあなたのために、色々な情報を集めました。あなたが豊胸手術をご希望ならこちらの記事を参考にしてみてくださいね。

あなたが豊胸手術を希望している場合、せっかく豊胸手術をするのであれば、1回の手術でできるだけ限界まで大きくしたいなと思うのは自然なことです。ただ、豊胸手術でよく選択されるシリコンバッグ法や、形が自然に仕上がる脂肪注入法など、それぞれの方法において、一体豊胸の「限界」はどのくらいかご存知ですか?

一般的には1回の豊胸手術においては、脂肪注入法では1カップ程度の増が限界、シリコンバッグ法では3カップ以上の増が可能とされています。ですから、1回の手術でより大きく、自分の望む大きさまでサイズアップしたいのであれば、シリコンバッグ法の方がより希望に添えるということになるのです。

しかしながら、いずれの方法についてもメリットもあればデメリットもあります。見た目だけの話をすれば、やはり脂肪注入法の方が見た目は自然に仕上がりますからね。また施術を受ける美容クリニックによっても、どんな方法での豊胸手術が得意かというのも変わってくるので、事前のカウンセリングやリサーチは大変重要です。

あなたがあなたらしく、そして満足度の高い豊胸手術を受けられるように、ぜひ当サイトの情報を役立ててみてくださいね。

Copyright © 豊胸手術でどこまで出来る?. All rights reserved.